FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

プールとシフォンケーキ

2014/08/15
「おかあ、今日ね、さっちゃんね、プールで水に顔をつけられたんだよ
それでね、先生が、おかあに電話してもいいって言ったんだよ」

下の娘が小学校1年の時、私の携帯電話の伝言メモに入れたことば。
水に顔をつけられたことがうれしくてうれしくて、それを伝えたいという気持。
ふっと思い出して、古い携帯に音声が残っていないか探してみたけど
見つけられませんでした。


今、娘はシフォンケーキ作りにはまっています。
レシピを変えながら、4回目で納得のいくケーキが焼けて
満足そうな顔をしていました。

「初めて食べたとき、こんなにおいしいものがあるのかって思ったよ」

娘が初めてシフォンケーキを食べたのは、小学校低学年の時。
学区内にある科学館の喫茶店で、友達と一緒に食べたのが最初でした。
それから、科学館に行く時にはケーキ代の500円を握って行くようになりました。
私も、娘が「美味しかった~」と言っていたのを思いだしました。

「誰と食べたんだろうね~」
「よく子どもだけで入れたよね」
「最初は、誰かのお母さんも一緒だったのかもしれないな」

まだ思い出せてはいないけど、そこには誰かがいるはず。
シフォンケーキへの思い入れから、とても大切な思い出なんだと思う。
その感触を味わうために、シフォンケーキを焼いているんでしょう。

当時の私が、子どもだけで喫茶店に入ってケーキを食べるということを許したのも驚きの一つで、それだけ、娘がシフォンケーキに感動したのが伝わって来ていたんだろうと思う。
娘にとってのシフォンケーキは、許されたものだったのだと思う。

娘がシフォンケーキを焼くのはたいてい夜。
ボイスが終わって居間におりると
「おかあ、もう寝る?
これからシフォンケーキ焼こうかな」
と、声がかかります。


共有したいんよね
科学館のシフォンケーキ、一緒に食べたかったんやない?
お母さん、このケーキ美味しいよって言いたかったんやない?

りんりんさんの言葉に、涙腺が決壊寸前になりました。

娘の気持ちを考えると切なくなります。
わかってもらえなくても、自分を制限されても
子どもにっとって親は自分の気持ちを伝えたい存在。

プールとシフォンケーキ
きっと、ほかにもまだあるはず。
一緒にたどっていきたいと思います。


スポンサーサイト
00:26 二女 | コメント(0) | トラックバック(0)

着物の専門学校

2013/04/07
娘が着物の専門学校の資料請求をした。
前にも資料請求をしたんだけど、その時は今年の春入学の資料だったから
改めて新しい資料を取り寄せた。

前の時は、いろんな学校の資料を取り寄せたけれど
今回は寮がある1校だけをもらっていた。

体験入学があるんだって
毎月、いろんなことをやってる
体験入学の日じゃなくても、普通の時の見学もできるんだって

見学に行ってみたい?と聞くと
行きたくないそうだ。

不思議だった。
こんなに熱心に話すから、見学に行きたいのかと思ったのに。

進路を決めるまで、あと1年半しかない。
そんなことも言っていた。

焦っているんだろう。
自分の進路を決めてしまいたい。
学校へ行けない今が苦しくて、卒業後も不安なんだろう。
宙ぶらりんでいるのが苦痛。
その不安を何とかしたい。
そんな気持ちで、資料請求したのかもしれない。

決められなかったら、卒業してもどこにも行かないで家にいたらいいよ
そう言ったけど、良かったのかな。

急がなくてもいいんだよ
ゆっくりゆっくり決めても大丈夫

そう思えるように、私が緩んでいこう。





01:27 二女 | コメント(0) | トラックバック(0)

高校入学

2012/04/23
アリスが単位制高校に入学しました。

先週の火曜日が入学式でした。

入学式後のアリスの疲れきった様子を見て
私は、明日からの通学はとても無理だ~と、とても不安になってしまいましたが
アリスは、次の日から、電車と徒歩で1時間半かけて通学しています。


先月、学校見学に行きたいと言い出してから約1ヶ月。

見学に本当に行けるのかと不安になり
見学して「この学校に入りたい」と言ったものの、
願書をなかなか書こうとしない様子に、またまた不安になり
締め切りの前日にやっと願書を出すと、試験にいけるのだろうかとここでも不安。
入試のあとは入学式に行けるのかと不安。

アリスが1歩動くたびに不安になる私。
今まで、こうして、子どもたちの前に進むエネルギーを奪ってきたことを
はっきりと自覚しました。


振り返ってみると、アリスは年越しの日に部屋の模様替えをし
約1年間放置した自分の部屋を片付け、まめに掃除をし、
自分でサポート校の資料請求をして、
高校に入る気持ちをふくらませてきたのだと思います。

その気配を察しつつも、また失敗するのではないか
今度つまづいたら、さらに長い時間引きこもるかもしれない
そんな不安で、アリスの気持ちを感じることを避けていたのでしょう。


この1ヶ月のことにしても、
2年近く家にいたアリスが、外に出ようとする怖さを
見学、願書提出、入試、入学式と
一つずつ、やっとの思いで乗り越えているのに

見学の後空虚だった
すぐに願書を書けなかった
疲れきってご飯も食べられなかった
こんな表面的なことばかりを見ていました。

怖さを振り切って外に出たら、力を使い果たして当たり前
次の一歩を踏み出す怖さに足踏みするのも当然。

見学の時に先生に話した
「やっと外に出れました」というアリスの言葉。
その言葉の持つ重さを実感しました。



入学式後は3日間授業がありましたが
アリスは、学校帰りに学用品を買い、図書館に寄り
今まで外出を避けてきたとは思えないほど行動的でした。

「よくしゃべる先生ばっかり。あんなによくしゃべれるな~」
「今度二者面談があるんだって。生徒の顔と名前を覚えるためじゃないかな」
「数学の副担当の先生が教えた生徒、東大に入ったんだって」

まだすっかりなじんでいない学校のことも、なんとなく嬉しそうに話しています。

金曜日の夜からは昼夜逆転してしまい、月曜日登校できるんだろうかと
相変わらず、不安がむくむくと湧きましたが
足踏みすることもあって当然なんだから
私にできることは、緩ませることだけなんだろうと思います。

この先読みの癖、なんとか手放したいと思います。




13:08 二女 | コメント(0) | トラックバック(0)

高校見学

2012/03/24
アリスと単位制高校の見学に行ってきました。

アリスはお正月があけてから、自分でサポート校の資料請求をして
通えそうなところを探していましたが
自分で見つけたところは時間的に通うことが難しく
まずは通えそうなところを見学してみようかということで選んだ学校でした。

中学校を卒業して1年間、家に引きこもっていたので
ちゃんとした外出は1年ぶりです。

駅から歩いて15分ほど。
学校に着くまで、次はどう行くの?と何度も何度も聞いてきます。
自分ひとりでくる時に道に迷うかも~と心配しているようです。

学校に着き、先生が説明しながら教室を案内してくれました。
アリスが家族以外と話すのは、久しぶりです。
不登校だった子が多く、みんなやさしい。
勉強だけではなく、行事もあること。
参加したくない時は、見ているだけでもいいこと。
選択の授業の種類など、いろんな話をしてもらいました。

「制服を着て、高校生になれるよ」
そう言われた時、アリスがにっこりと笑いました。

「ここに入りたい」とはっきりと言いました。

自分も高校生になれるということが、よっぽど嬉しかったのだと思います。

「やっと外にでれました」

自分からそう先生に話していました。


見学の次の日から
アリスはエネルギーを使い果たし空っぽになったような様子で
過ごしています。
静かで穏やかで空虚。
エネルギーが戻ってくるのには、時間がかかりそうです。

08:42 二女 | コメント(0) | トラックバック(0)

アリスの進路

2011/03/08
昨日の夜、ピグに誘ってもらったのに、ゆっくりお話できなくて、とても残念でした。
また、誘ってくださいね~


アリスは毎日生活リズムがずれていて一日が25時間~27時間。
ただいま完全昼夜逆転。
朝眠りについて、夕方近くに起きてきます。

食事の時間もずれてしまって、1人で食べる事も多いので、
せめて、私が家にいるときは、作りたてのものを食べさせたいと思い
夜中にパスタをゆでたりしています。
食べ物をリクエストするときのアリスは、とても機嫌がいいです。
昨夜は、トマトのクリームパスタ。
ベーコンとナス、きのこなどの野菜ををここぞとばかり
たっぷり入れて食べさせました。

食べながら、話は高校のこと。
通信制高校に行きたいというのが、アリスの希望ですが
今の生活リズムのままでは、タイミングが合わなければ
面接さえ行けないかもしれない。
外に出る気がおきないのに、高校にいけるのかなぁ・・・
お風呂も毎日入れないし、エネルギーがないのは一目瞭然。
高校に行きたいのではなく、どこかに属していたいのだろうと思います。
アリスがどう決断するか、見守るだけです。

今日、学校へ行って、卒業見込み証明書をお願いしてきました。
今週の土曜日は卒業式だし(参加はしませんが)
もう、学校とは縁が切れちゃうのかと少し寂しい気持ちです。
22:25 二女 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。