02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

笑顔

2012/03/25
高校を見学して3日が過ぎました。

この3日間、いろんなことを考えました。

規則的にずれていく生活リズムのままでは、
行くのは厳しいだろう。
高校生になれるよと先生から言われた時のあの笑顔は
とても希望にあふれていた。
今回つまづいたら、かなりの痛手だ。
そうしたら、また前のように暗く沈んでしまうだろう。
今年だめなら、もうあの学校を希望することはなくなるだろう。
このまま、また1年が過ぎてしまうのか。

かなりネガティブです。
自分が思い悩むことが起きるという前提です

りんりんさんの記事を読んで、今の私の状態は、
アリスに関しては不安を上乗せする親がばっちりあてはまります。

これは、私が母親からされたことと同じ。

いつもいつも、母の不安を吐き出され、それを背負ってきました。
同じことを子ども達にしてきました。

今回も、自分が不安なあまり、
アリスの行きたいと言った気持ちをどこかに忘れて
自分の不安にすり替えてしまっていました。
もう、そんなことはやめたい。

アリスが踏み出そうともがいている。
私も変わる時だ。

子どもの頃、母がいつもニコニコ笑っていてくれたら
どんなに幸せだっただろう。
私は、そんな母親でいてあげたい。
これからは、笑顔の母を目指ざします。


関連記事
スポンサーサイト
20:15 自分 | コメント(0) | トラックバック(0)

高校見学

2012/03/24
アリスと単位制高校の見学に行ってきました。

アリスはお正月があけてから、自分でサポート校の資料請求をして
通えそうなところを探していましたが
自分で見つけたところは時間的に通うことが難しく
まずは通えそうなところを見学してみようかということで選んだ学校でした。

中学校を卒業して1年間、家に引きこもっていたので
ちゃんとした外出は1年ぶりです。

駅から歩いて15分ほど。
学校に着くまで、次はどう行くの?と何度も何度も聞いてきます。
自分ひとりでくる時に道に迷うかも~と心配しているようです。

学校に着き、先生が説明しながら教室を案内してくれました。
アリスが家族以外と話すのは、久しぶりです。
不登校だった子が多く、みんなやさしい。
勉強だけではなく、行事もあること。
参加したくない時は、見ているだけでもいいこと。
選択の授業の種類など、いろんな話をしてもらいました。

「制服を着て、高校生になれるよ」
そう言われた時、アリスがにっこりと笑いました。

「ここに入りたい」とはっきりと言いました。

自分も高校生になれるということが、よっぽど嬉しかったのだと思います。

「やっと外にでれました」

自分からそう先生に話していました。


見学の次の日から
アリスはエネルギーを使い果たし空っぽになったような様子で
過ごしています。
静かで穏やかで空虚。
エネルギーが戻ってくるのには、時間がかかりそうです。

関連記事
08:42 二女 | コメント(0) | トラックバック(0)

風邪をひいた日

2012/03/18
おととい、熱がでてしまいました。

無理をして仕事は最後までしたものの、夕食を作る気力は残っていませんでした。

家に帰って、体調が悪意ことを告げても、家族はいつもと変わりなく、それぞれ自分のことしかしない。

母は聞こえないふりをして(本当に聞こえていないのかは不明)
テーブルについて、食事が出てくるのを待っている。

子ども達はDVDを見ている。
「夕飯、どうしようか?お母さんは作れないんだけど」と聞くが、
「まだ、お腹すいてない」という返事。
心の中で(お腹が空いてるか聞いてるんじゃない)と言う。

母に食事の支度をして欲しいのに、頼みたくない。
どうせ嫌な顔をするに決まってる。
見たくない。

旦那は飲み会だそうだ。
私が体調が悪いといっても、
「俺は、ゴルフの飲み会だから」の一言だった。
ぶつぶつ文句を言いたいのを飲み込んで、
「あ、そう。わかった。」
あとで、どんな弁解をしても聞いてやらないぞ。

結局、ピザを頼むことにした。

ピザを頼むことに決めてからも、スムーズにいかない。
上の娘に電話をかけることを頼んだけれど(なぜ自分がかけようと思わなかった?)
かけたくなさそうな様子にイラッとする。
どのピザを頼むかも決まらない。
DVDを見たいからなのか、動こうとしない。
それがイライラに拍車をかける。

「お母さんが頼もうか?」と聞くと、やっと動き始めた。
声にイライラが出ていたはず。
だから、動いたんだろう。

ここまでに約30分かかった。

上の子はいきなり電話をかけようとする。
「おばあちゃんにも何を食べたいか聞いてみて?」
自分と妹が食べる分しか頼むつもりがなかったようだ。
はぁ~。


食事のことになると、家族がしり込みする。
そいういえば、外食も大変だった。
食べたいものがバラバラ。
なんで~?


関連記事
20:46 自分 | コメント(0) | トラックバック(0)

怒り

2012/03/08
宅配便が来たのに、化粧をしていないから出れらないというジャスミンに、ふつふつと怒りが湧いた。

我慢しているのをいいことに私をこき使うんじゃない
と、腹がたった。

アリスは自分の部屋にいて、居間にはいなかった。
これ幸いと、ジャスミンに怒り炸裂。


ということは

私はアリスには我慢しているが、ジャスミンには我慢したくない。

アリスには、引きこもらせたのは私だという負い目があるから、私が我慢しなければいけないと思っている。
アリスが目の前にいたら怒りは隠して、宅配にも笑って出ただろう。

アリスと同じことをジャスミンにもしてきたのに、この違いはなんだ。

もし、アリスが動き始めたとき、アリスにも怒りを感じるのだろうか。
私の中の怒りを感じているからこそ、アリスは動けないのだろう。


そして、黙りこくって私の怒りに耐えるジャスミンの姿は、かつての私と同じなのかもしれない。

関連記事
19:40 自分 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。