11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2014/12/24
久しぶりに夫と出掛けた。
帰りの車の中で、職場の人から電話が来た。
私は休みだったけど、その人は出勤していて
その日あった職場での報告と吐き出しの電話だった。

夫は、私が彼女の話に相づちをうったり話したりするのを
運転しながら聞いていた。

電話を切ると、夫が話しかけてきた。
電話の内容を察して、いろいろと聞いて、共感を示してくれた。
夫の言葉のなかには、不快を感じることもあったけれど、
私の気持ちに寄り添おうとしてくれているのを感じた。

きっと、夫は今までも同じようにしてくれていたんだと思う。
今まで、不快に感じたところを夫にわからせたくて、訴えてきた。
夫の思いやり、受け取らずにきたのは、私自身だ。




関連記事
スポンサーサイト
19:16 自分 | コメント(0) | トラックバック(0)

やつあたり

2014/12/22
我が家に3匹いる猫のうち1匹が、4日間帰ってこなかった。

帰ってこなくなって2日めに当たる日は、
爆弾低気圧で一日吹雪だった。
吹雪の中、帰ってくることはないだろうと思っていたけれど、
吹雪が収まった3日めになっても帰ってこないと、さすがに心配になってきた。
どこかに避難しているんだろうと思ってみたり、遭難して帰ってこないこともあるかもと考えたり。

いなくなった子は、こたつ掛けやクッションにおしっこをしてしまう子で、夫は、
いないとおしっこの心配をしなくていいね
と言うので、夫は猫のことなんてどうでもいのかと不快だった。
今思うと、夫には猫が帰ってこないという不安はなかったんだと思う。帰ってくると思っていたから、心配もさほどしなかったんだろう。

その猫が、5日めの朝に帰ってきた。

おお~、○○ちゃん、帰ってきたの~
と、私が大きな声でいうと、夫から、
おばあちゃんの言い方にそっくり
と言われた。
私はまたまた不快になった。

本当のところは、自分の声のトーンを聞いた瞬間に母と似ていることを感じて、自分に嫌悪感があった。
そしてそれを夫が明らかにしたので、夫に腹が立ったのだ。


それが猫に飛び火して
お前が帰ってこないから、こんな嫌なことを言われる
と、猫に怒りが湧いた。


あんたたちのせいでお父さんに怒られる
と、私たちに八つ当たりする母と自分が重なった。





関連記事
00:48 自分 | コメント(0) | トラックバック(0)

バスタオル

2014/12/14
仕事の帰り、車を運転していたら、なんだか父の事を思い出した。

生きているうちは冷たくして悪かった。
お葬式の時だって、悲しいとも思えず
面倒な人がいなくなったくらいの気持ちしか持てなくてごめん。
もっと優しくしてあげれば良かった。
セッションで、お父さんの話をしたから、
こんな気持ちになったんだと思った。


家に帰ると、だんなが
「あのバスタオル、捨てるのだった?」と、聞いてきた。

今朝、猫がおしっこをしたバスタオルをごみ箱に入れておいたのに
旦那がごみ箱から出して、よりによって、
ほかの洗濯物と一緒に洗濯をしていた。
猫のおしっこの匂いは、一緒に洗ったもの全部についてしまう。
全滅だ。
むかついてむかついて、しかめっ面をして、
文句を言いながら何度もため息をついた。
旦那は、「うるさい、何度も言うな」と言い捨てて、
風呂に行った。

私は怒りが治まらず、
スマホのメモに旦那への文句を書きなぐっていた。

なんで捨てたものを拾ってくるかな
やめろよ
人が捨てたものまで拾って、みっともない

書いているうちに、あれ?っと思った。

父が亡くなって、残した借金を返すため、
母は住み込みでホテルの仲居をした。
宴会で客が残した料理を持ち帰って、
自分の食費を浮かせたそうだ。

ほかの仲居さんから、乞食と呼ばれてさ~。
お母さんはそうやってお父さんの借金を返したんだ。

私ってかわいそうでしょ。
ここまでやれるなんてえらいでしょ。
顔つきはそう言っている。

みっともない
みっともない
嫌悪感でいっぱいになった。


旦那がバスタオルを拾って洗濯したことが
これと重なって、怒りになったんだ、、、、
と、思っていたら、今度は父の声が聞こえたような気がした。

お前はやってはいけないことをした

父が物差しを持って立っている。
あの物差しで叩かれる。
恐怖と怒りが混ざっている。
だからね、こうなるから、
猫のおしっこがついたバスタオルを拾って、
ほかの洗濯物と一緒に洗っちゃいけなかった


旦那のしたことに、これだけの過去をのっけて怒っていた。
怖かったんだ。

でも、旦那にしてみたら、たまったもんじゃない。



しかも、これが出てきた後に気が付いたこと。

ごみ箱にバスタオルを捨てたとき、
これ見たら、旦那、拾うかもしれない、、
という気持ちがよぎっていた。
でも、スルーした。
もしかして、当初の予定通り、旦那が拾ったということか。

そして、「捨てるのだった?」と、聞いてきた旦那。
なぜ、ごみ箱に捨てたものを、こう聞く?
何のために?
これが、私と旦那のパターンなのか?

もしかしたら、自分の過去を再現するために旦那を巻き込んで
ここまでやっているのか、、、

呆然とした。





関連記事
23:37 自分 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。