FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

毛糸

2015/05/25
私は、編み物や縫い物が好きで
子どもの頃から、セーターを編んだり、服を作ったりしていた。
結婚する前は旦那にセーターを編み
産休中や育児休業中は、おくるみを編んだり
小さなワンピースを縫ったりしていた。


母も、私が小さい頃、よく編み物をしていた。
着なくなったセーターをほどいて、それを編み直していた。

セーターをほどいた毛糸はクネクネの縮れ麺状態で、見ていて面白かった。
ほどいた毛糸は、かせにしていた。
父が、蒸気を当てるとよれがとれて真っ直ぐになると話しているのを憶えている。

かせにしたら、それを両腕にかけて広げて、玉に巻いていく。
両腕を広げて玉を巻くのに合わせて左右に動かしていると、
だんだん腕が疲れてくる。
妹と交代したのかな、そんな気がする。

反射式のストーブ
ストーブの上のやかんから出ている湯気
湿って暖かい空気
形が変わっていく毛糸を見てワクワクしている感じ



母が編むセーターはどこか変わっていた。
セーターだけじゃなく服も手作りで、ちょっと変わっているような気がしていた。
人と同じにしたくない母のプライドを感じる。

人と違う、どこかズレた感じの変な服を着るのは嫌だった。
みんなと同じ普通の服が着たいと思っていた。

それを言えなかったのは
セーターを編んでもらったり、服を作ってもらったりするときだけは
自分の事を考えてくれているような気がしたからだ。



関連記事
スポンサーサイト
06:29 過去回想 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。