FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

パニック

2013/12/24
旦那の救急車を呼んだ時、自分が何をするかに意識が向いて、自分の感情を感じられなかったのですが、これは子どもの頃から同じようなことをしていました。

父が交通事故にあったとき、小学校1年生の私とひとつ下の妹は父の友達の家に一月ほど預けられましたが、その前に、母の実家に預けられるという話がでていました。

私はその話を多分横から聞いていたんでしょう。
次の日、担任の先生に転校して母の実家で暮らす事になったと言いました。
そして、友達にも別れの挨拶をした記憶があります。
友達のなかには、持ち物の中からお別れのプレゼントをくれた人もいたように思います。

そのあと、預けられたのは父の友達の家だったから転校はしなかったので、記憶にはないけれど、きっと学校に行くのに都合が悪かったんではないかと思います( ̄□ ̄;)

救急車の時も、預けられる話を聞いた時も、パニックになっていたんだと思う。
パニックになって、自分の感情を感じないようにするために、自分がどう動くかに意識が向いてしまう。
これは、今も小学1年の時と同じ。

小学1年の時はこのあと、強迫症状、耳が聞こえない、授業中に何でもないのに先生のところに歩いていくなどの不審な行動があったそうです。
それも、今の自分とかなりかぶるところがあります。

強迫症状は今でも不安が高まると顔を出すし、耳が聞こえないのは固まったりどっかに行ってるのと同じ、先生の所にいくのは不安になってりんりんさんにメールするのと同じかなと思います。







関連記事
00:28 過去回想 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。