FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

14.8.21 縦割りセッション 振り返り

2014/08/23
子どもの頃感じた恐怖感と、今感じる恐怖感が変わっていない
その時の気持ちと今の感覚をつなげないと、怯えから解放されない
子どもたちもその呪縛に巻き込まれている

子どもの言動に動じないのが子どもにとっての安全基地
子どもが揺さぶってくるのは、本当の不満を見つけてほしいから

子どもが何かをしたときに、できたことだけでなくどこが苦しかったのか、
そのプロセスをきっちり意識させることが現実を生きること

自分が苦しんでいるところは、自分と人は違うということ
これが不快だった、これが快だったと言えない状態は、
過保護・過干渉も虐待も一緒
自分の快、不快を言えない場所を作ることが問題
ACは快、不快を言わないことが当たり前になっている
言えない人が大人になって子どもを育てている
危機感だけが羅針盤
どうやって生き延びていくかということだけが指針になって、
身の危険と感じることは子どもにやらせてはいけないというところから
過保護過干渉が生まれる
それを自分がどういうふうに子どもにやってきたのかが分からないと、
また同じことをやってしまう。

プロセスを忘れ、なかったことにしているうちは
子どもや人を巻き込んでいくシステムは消えない
消すためには何をやっていったらいいか

快と不快をわける

自分の不幸のシステムによって記憶が無くなっていく
今話していることをないがしろにして、常に過去にいて、
誰の話も聞けない状態になる
その状態が最悪

プロセスを憶えていられる人だけが罪悪感を持つ
憶えていられる人間だけが人に思いやりのある人間になれる
思いやりが伝わって子どもが変わっていく

表の配列 自分の不幸
裏の配列 我慢を繰り返してきたもの
     自分でロックをかけて楽しい記憶を入れないようにしている

何のために分けるのか
  好きと嫌いを同じ重さにすること
  好きと言っても嫌いと言っても負荷がかからない状態になるため

好きな食べ物と安全な食べ物は違う
食べ続けることでわかる

子どもなら親を許すという決意がなければ近くにはいれない

親を守っている感覚(麻痺している状態)
  ↓
麻痺を元に戻して、悔しい、悲しいを感じる
  ↓
この時点で親を許せるのか考える

子どもがいつか怒りを持つ時
自分がこのプロセスをみれる人間になっていないと
子どもは荒れていく

生まれつきではないのに、生まれつき障害があったように育てられ
手がない足がないのに、その障害が感じられないのがAC

当たり前の人間が当たり前にする抵抗もしないで、
自分で収めてしまうのがおかしい
子どもも同じ
当たり前の事が当たり前に言ということができない人間を
作ってしまった自分の罪

自分が本当に何が好きなのか
味覚的な違和感さえ越えられなければ先に進むことができない
体裁だけで終わるのか、本当に見つけようとするのか、大きく違う
あなここをやめない理由は本当のことを見つけてほしい
子どもにもそれをやってやる
その前に自分の気持ちを確かめる
嘘が入ってくるからやっかい

疑心
いったん信じたものを、求めていく方向性と、疑っていく方向性に分かれていく

卵焼き
家族が食らいつく卵焼きを作る
作る前に卵焼きをいろんな種類買ってみて、
自分の好みを決めてから作ってみる

家庭は、良い兆しがなければどんどん悪くなる
どれくらいの人に興味がもてるのか
もてなければ、ずっと子どもの苦しみは続く
どれくらいの人とキャッチボールができるのかが力量
人を求める気持ちのない人を変えることはできない




関連記事
23:41 セッション | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。