FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

はさまり依存症

2016/04/14
小学校低学年の時の同級生に、お父さんが再婚して義理のお母さんにいじめられている女の子がいた。

浅黒い顔で、髪は眉毛の上でぱっつんと切りそろえられ、後ろは襟足が刈り上げられたおかっぱ。
今思うと、義理のお母さんが切りそろえていたのではないかと思う。
あの髪型、きっと嫌だったろうと思う。

いつも鋭い目で周りを見ている感じがあって、私はその子が気になって気になって仕方がなかった。
消しゴムをとられたり、鉛筆のキャップを取られたりしていたのにかわいそうに思えて、何かにつけ世話するような気持でいた。

意地悪されても、自己犠牲の精神は、小学生のころから発動していた。



振返ってみると、自己犠牲感にはまるのは、揉め事が起きそうな予感の時のようだ。

子どもの頃、よく揉める父と母の間で右往左往していた。
二人の間に入るのを期待されている感覚すらあった。
きっと、そんな役割を得たとき、認証された感覚があったのだろう。

それを再現するために、自ら揉め事の予感にハラハラし、間に入る感覚を作りだしているのかもしれない。




関連記事
00:19 自分 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。