FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

食べること

2011/06/29
りんりんさんのセッションで、私は母と反対の事をしようとしていることがわかりました。
母のようにはなりたくない。
母と同じ事をしたくない。
母をずっと否定して来ました。

子ども達が小さい頃から、母がなんでもおとぎ話に仕立て上げるのを苦々しく感じ
物事ははっきり教えなければいけないと、母の話を切り捨ててきたように思います。

そのほかにも、気が付いたことがありました。

例えばハンバーガーを食べるとして、家族全員分あったとしても、私は最後まで自分の分を食べません。
食べるのは、私の分を欲しいという人がいないのを聞いてから。
それか、余分があって、もっと食べたい人がいても大丈夫なとき。
子ども達が食べたいなら、私は食べなくてもいい。
ハンバーガーが嫌いなわけでも、食べたくないわけでもありませんが、
かといって、みんなと一緒に食べようとも思えない。

それに関連して思い出したこと。

小学生の頃、給食についてくるデザートを、7歳離れた妹のために全部持ち帰っていたことを思い出しました。
デザートだけでなく、パンも残して持ち帰っていました。
友達には悟られたくなかったみたいで、わざとノロノロと食べて、時間切れだから持ち帰るということを装って。

「これを食べられないなんて、妹がかわいそうだ」
そんなふうに思っていました。
妹が食べられないのに、私が食べるということに、罪悪感を感じていたような気がします。
妹が喜んだのかどうか思い出せなかったので、自己満足のためにやっていたような気がします。

なんで、こんなふうに感じていたんだろう???
小さい頃、食べ物で不自由したことはなかったと思うのに。


母は、自分が食べたいものは、一番いいとこを真っ先に食べます。
自分が食べたいものは、遠慮なく、どんどん食べます。
みんなで食べようと思っていたのに、気が付くと、申し訳程度にほんの少し残っているだけ・・・
ということもよくあります。
これはみんなで食べるんだからねと言っても、怪訝な顔をして、
かえってこちらのほうが悪い事をしているような気にさせられます。
そしてそれが怒りに変わり、わがままを我慢できない母にくどくどと文句を言い、
食卓の雰囲気をぶち壊すということが良くありました。

もしかして、私が小さい頃、自分が食べたいものを母に食べられて、
悲しい想いをしたことがあるのかも知れません。
その気持ちを妹や子ども達に投影して、好きなものは満足いくまで食べさせたいと思うのかも。

「かわいそう」
「罪悪感」

この二つが、いつも心の中にあったような気がします。
そして今も、アリスやジャスミンにかわいそうな自分を重ねて、
自分が我慢することで母の否を訴えているのかも知れません。



関連記事
23:25 自分 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。