FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

高校入学

2012/04/23
アリスが単位制高校に入学しました。

先週の火曜日が入学式でした。

入学式後のアリスの疲れきった様子を見て
私は、明日からの通学はとても無理だ~と、とても不安になってしまいましたが
アリスは、次の日から、電車と徒歩で1時間半かけて通学しています。


先月、学校見学に行きたいと言い出してから約1ヶ月。

見学に本当に行けるのかと不安になり
見学して「この学校に入りたい」と言ったものの、
願書をなかなか書こうとしない様子に、またまた不安になり
締め切りの前日にやっと願書を出すと、試験にいけるのだろうかとここでも不安。
入試のあとは入学式に行けるのかと不安。

アリスが1歩動くたびに不安になる私。
今まで、こうして、子どもたちの前に進むエネルギーを奪ってきたことを
はっきりと自覚しました。


振り返ってみると、アリスは年越しの日に部屋の模様替えをし
約1年間放置した自分の部屋を片付け、まめに掃除をし、
自分でサポート校の資料請求をして、
高校に入る気持ちをふくらませてきたのだと思います。

その気配を察しつつも、また失敗するのではないか
今度つまづいたら、さらに長い時間引きこもるかもしれない
そんな不安で、アリスの気持ちを感じることを避けていたのでしょう。


この1ヶ月のことにしても、
2年近く家にいたアリスが、外に出ようとする怖さを
見学、願書提出、入試、入学式と
一つずつ、やっとの思いで乗り越えているのに

見学の後空虚だった
すぐに願書を書けなかった
疲れきってご飯も食べられなかった
こんな表面的なことばかりを見ていました。

怖さを振り切って外に出たら、力を使い果たして当たり前
次の一歩を踏み出す怖さに足踏みするのも当然。

見学の時に先生に話した
「やっと外に出れました」というアリスの言葉。
その言葉の持つ重さを実感しました。



入学式後は3日間授業がありましたが
アリスは、学校帰りに学用品を買い、図書館に寄り
今まで外出を避けてきたとは思えないほど行動的でした。

「よくしゃべる先生ばっかり。あんなによくしゃべれるな~」
「今度二者面談があるんだって。生徒の顔と名前を覚えるためじゃないかな」
「数学の副担当の先生が教えた生徒、東大に入ったんだって」

まだすっかりなじんでいない学校のことも、なんとなく嬉しそうに話しています。

金曜日の夜からは昼夜逆転してしまい、月曜日登校できるんだろうかと
相変わらず、不安がむくむくと湧きましたが
足踏みすることもあって当然なんだから
私にできることは、緩ませることだけなんだろうと思います。

この先読みの癖、なんとか手放したいと思います。




関連記事
13:08 二女 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。