FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2013/02/19
妹の夫の葬儀が終わりました。

妹は、葬儀の間中ずっと物分かりが良さそうな泣き笑いで
手伝ってくれている人達や参列してくれた人達と
亡くなった夫の思い出話をしていました。

棺の蓋を閉めるときには、さすがに泣き崩れてしまって、私ももらい泣きしましたが
妹は、気持ちが落ち着くとまた笑顔を作っていました。

亡くなった夫には付き合いのある親族がほとんどいなかったのですが
葬儀の一式を周りの人たちが取り仕切ってくれて
妹は、とてもありがたいと感謝の気持ちを話していました。

早すぎる夫の死も受け入れて
助けてくれる周りの人たちに感謝をして
夫が入院していた2週間の間に
気持ちを整理できていたかのようにも見えました。


私たちは葬儀の日に妹と別れ、家に帰ってきたのですが
次の日妹から電話がありました。

お姉ちゃん、あんな奴(下の妹)が生き残って
うちの旦那が死んじゃうなんて理不尽だ
あいつが死ねば良かったのに
私はこれから先まだまだ長いのに

泣きながら、怒りながら、訴えてきました。
怒りがあふれていました。

夫が亡くなったのは下の妹のせいではないのに
怒りが消えないために
夫の死をただ悲しむことができず
下の妹を責めてしまう姿に、ACの悲しさを見ました。

セッションでは、妹の怒りは下の妹だけではなく
私や母にも向いているだろうと、きんたろうさんから言われました。
これまでの成育歴の中で溜め込んだ怒りや我慢が
これからますます出てくるのかもしれません。

同じように育っているので、妹の姿を見ていくことが
自分の姿を見ることになるとも言われました。

妹の怒りを感じるのはとても恐ろしいことだけど
確かに妹と私は似ている。
葬儀の間中、営業モードでニコニコしていた妹の姿は
いつも私がしていることと同じ。

人に自分のありのままを見せずに
悲しみも怒りも表に出さずに
家族の中で憎しみをぶつけあっている。

こんなことは、私たちだけでたくさん。
娘たちには連鎖させない。


関連記事
23:02 自分 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。