FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

リハビリ

2013/05/31
先日のトリプルの最中に、上の娘から電話がありました。
電話に出てみると、家族の夢を見たと言っていたので
セッションが終わってから、かけなおして、夢の話を聞いてみました。


事件に巻き込まれて、犯人に家族が捕まってしまった
家族を助けたければ、お母さんの手足を切り落とせって、
犯人から日本刀を渡された。
助けるために仕方ないと思って、お母さんの手足を切り落としたの
犯人は、オタオタして、すぐに捕まったのね。
私は、お母さんの手足を切ったショックで気を失って
気が付いたら病院で、お父さんがそばにいた。
お母さんのことが気になって、どうなった?とお父さんに聞いたら、
お母さんは手足を失って、もうパソコンもできないし、携帯もいじれない
どうしようもないって言ってね
もう、うわ~(;´Д`)ってなった
でもね、しばらくしたら、お母さんリハビリ頑張って
手足がなくても、少しづつ動けるようになったの
それでまたうわ~(;´Д`)ってなった
そこで目が覚めて、もう、まくらがびしょびしょだった~

上の娘は、泣くような夢を見ると電話をかけてきます。
この夢の話を聞いて
娘の、追いつめられて逃げ場がない感じや罪悪感を
苦しいほど感じました。


選択の余地がない状況で、究極の選択をさせ
選択したことで罪悪感を感じさせる
かわいそうな姿を見せつけて、子どもを自分に縛り付ける
これが私が娘たちにやってきたことでした。

お母さんはかわいそう
かわいそうなのは、私のせいなんだ
夢を聞いて、娘がこんなふうに思っていることが伝わってきます。

これは、子どもを産むまで私が母に感じていたことでもあります。
母はかわいそうな人なんだ、
だから私がそばにいて守らなくてはいけないと、ずっと思っていました。
そう思っていても、母は不幸にひたっている
罪悪感と不全感が膨らんでいく・・・

子どもを産んでからは、母に憎しみを感じて
思い知らせたい気持ちがあふれた状態で生きてきました。
そして、あれだけ母と同じにはなりたくないと思っていたのに
同じことを娘たちにやってきたという事実。
それを娘の口から聞いたことが衝撃でした。


最近、自分を緩ませる感覚がわかってきて、
それとともに、自分がどんなふうに娘たちを封じ込めてきたのか
わかるようになってきました。
身動きが軽く感じられることも多くなってきました。
上の娘は、それも感じてくれているのかもしれません。

お母さん、リハビリ頑張るからね
もっともっと動けるようになるからね
待っててね



関連記事
00:29 長女 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。